院長挨拶

HOME>院長挨拶

 
院長 京極章三

院長 京極章三

あいさつ

このたびは京極こどもクリニックのホームページに訪れていただきまことにありがとうございます。

このホームページをとおして、こどもたちやご家族とのコミュニケーションをより一層密にしてゆきたいと考えております。

当クリニックは“緊張感の中にも明るくやさしい雰囲気を大切に”を合言葉に病気の正確な診断とていねいな治療を行うことを基本的方針とし、地域の皆様から信頼される
クリニックを目指しています。

また、岐阜地域全般の新生児医療に従事してきた経験を活かして、赤ちゃん健康相談や発育発達相談などを通じて地域の子育て支援のお手伝いができればと思います。

私も4人のこどもの父親です。こどもが小さいころ、乳児喘息を繰り返すために朝晩点滴をしてから病院に勤務したこと、また、もうひとりの子が急性腎炎のために入院したことなど、こどもの病気の入院看病などを経験しています。親としての心配はみなさんおなじですね。ちょっとした発熱でもお母さん方が心配される気持ちはよく分かります。この気持ちを忘れずにていねいな診療をおこなって行きたいと思っています。

院長略歴
1979年 関西医科大学医学部卒業
岐阜大学医学部小児科学教室入局
1981年 国立岡山病院小児医療センターNICU留学(岐阜大学小児科の辞令による)
山内逸郎先生に師事
1983年 大垣市民病院小児科
1985年 国立長良病院(現長良医療センター)小児科
1987年 岐阜市民病院小児科
1988年 県立岐阜病院(現県総合医療センター) 新生児科医長
岐阜大学より学位を授与される(医学博士)
1994年 京極こどもクリニック開院
 
所属学会
日本小児科学会
日本小児感染症学会
日本小児アレルギー学会
日本アレルギー学会
日本新生児成育学会など
所属学会
小児科専門医(日本小児科学会認定)
地域総合小児医療認定医(日本小児科医会認定)
市立幼稚園保育所園医
岐阜県小児科医会理事予防接種担当
岐阜県立看護大学実習施設
岐阜県立看護大学大学院非常勤講師
診療方針

当クリニックでは以下のことを心がけて診療しています。

小児科専門医として病気の的確な診断とていねいな治療をおこないます。
病状、診断、処方薬、家庭でのケアについてわかりやすく説明します。必要に応じてパンフレットをお渡しして説明します。
疾患、症状により専門的な診療または高次医療機関での診療が必要と判断された場合には早めに紹介します。
高次医療機関(大学病院、県総合医療センター、長良医療センター、岐阜市民病院、大垣市民病院)での勤務経験をいかしてスムーズな診療連携をします。
緊張感のなかにも明るくやさしい雰囲気を大切にして、診療の向上にスタッフ一同努めています。
特徴
電話受付システム

クリニックでの待ち時間の短縮を目的として自宅からの電話または携帯電話による電話受付システムを導入しています。

 
院内感染の防止

一般待合室のほかに3つの隔離待合室を設けて、院内感染の防止につとめています。3ヵ月までの赤ちゃんは隔離待合室でお待ちしていただきます。トイレは一般待合室、隔離待合室、点滴処置室に設けています。

 
広い駐車場

駐車場は女性の運転でも安全に駐車しやすく、お子さんが安全に乗り降りできるように広いスペースをとっています。

予防接種の随時受付

予防接種は予防接種の時間枠以外にも随時受付しています。一般患者さんとは別に隔離待合室でお待ちしていただいています。

 
呼吸器疾患の対応

多くの重症呼吸障害の小児に対する集中的呼吸管理(人工呼吸器管理、酸素管理、点滴管理)を行なってきた経験をいかして呼吸器疾患や感染症などに対応します。

 
新生児医療

未熟児で生まれて退院した赤ちゃんや新生児期に問題のあった赤ちゃんも対応します。

赤ちゃん外来

赤ちゃん外来(生後1週目から1歳半まで)を設けてさまざまな症状の赤ちゃんの診察をおこないます。発育発達相談、乳幼児健診、専属栄養士による栄養指導もおこなっています。





 
呼吸器疾患の対応

アトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー疾患のお子さんの診療をしています。大垣市民病院勤務時にはアレルギー外来を担当。特に喘息に対してはガイドラインに沿った、最新の治療をこころがけています。




 
 
院内検査
  • ■胸腹部レントゲン検査
  • ■肺機能検査(スパイログラム:喘息児を対象)
  • ■血液検査(末梢血、CRP検査)
  • ■院内迅速検査
    •  ・インフルエンザ(富士ドライケム機器などによる判定)
    •  ・溶連菌感染症
    •  ・アデノウイルス検査
    •  ・ヒトメタニューモウイルス検査
    •  ・マイコプラズマ検査
    •  ・RSウイルス検査など、その他

なお、検査は医師が必要と判断した児に対しておこないます。

ページTOPへ戻る