赤ちゃん外来・アレルギー相談

HOME>赤ちゃん外来・アレルギー相談

 
アレルギー相談

気管支喘息(乳児喘息、小児喘息)、喘息性気管支炎、
湿疹、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などの相談に対応しています。
また、食物アレルギーに対しては、血液検査(特異的IgERAST検査)、
プリックテストなどをおこないます。
血液検査(特異的IgERAST)が陽性でも、食べることが可能な場合もあります。
なお、原因食物の摂取を増量してゆく経口免疫療法や、アナフィラキシーを
発症する可能性が高い児の負荷試験は専門病院での実施をおすすめしています。






診療時間のご案内

未熟児で生まれた赤ちゃんやハイリスクで生まれた赤ちゃんの治療管理をおこない、発達外来において退院後の乳幼児健診をおこなって来た経験をいかしてさまざまな症状の赤ちゃんの診察をおこなう赤ちゃん外来を始めました。(生後7日から1歳半までの児で発熱など感染性疾患以外の赤ちゃんを対象

赤ちゃんのちょっとした心配ごと(体重が増えない、便の色が変だ、他の子より発達がおそい、咳がながびく、湿疹が治りにくいのはアトピーでは?など)やその他さまざまな相談ごとに対応いたします。

栄養相談をご希望のかたは専属栄養士による無料栄養指導をおこないます。(栄養指導だけをうけることも可能です。)

ご希望のかたは乳幼児健診をおこないます。(受付までお申し出下さい。)







ページTOPへ戻る